めっき技術 TECHNOLOGY

撥水性 摺動性 離型性 ニッケルめっき(Ni) 耐食性 黒化処理 主要技術 撥⽔めっき(Ni-PTFE複合めっき) Hydrophobic plating (Electroless Nickel-PTFE composite plating)

Niめっき⽪膜中にPTFE粒⼦を共析させた複合めっき⽪膜になります。
家電製品、機械、医療機器など幅広い産業分野において、撥⽔性、離型性、摺動性、汚れ付着防⽌などの機能向上に貢献しています。2020年7⽉に改正されたREACH規制に対応しためっき⽪膜の提供が可能です。

対応基材

■材質
ステンレス鋼、鋼、銅、チタン合⾦ など
■サイズ
300mm×300mm以内
※ それ以上のサイズはご相談させて下さい。

対応可能な仕様と機能・特性

量産実績有り
無電解ニッケル-PTFE 撥⽔性、摺動性、離型性、⾮粘着性
試作実績有り
黒色撥水(黒色Ni-PTFE) 防錆性に耐摩耗性が付与

上記以外の仕様についてもお気軽にご相談ください

技術の特徴

撥⽔性

撥水めっきした金網では水がすくえます


⽔の接触⾓110°以上
Ni-PTFE複合めっき処理をした金網は⽔をすくうことが出来るほどの撥水性を持ちます。


 

摺動性

Ni-PTFE複合めっきの摩擦係数は、Niめっきと⽐べ1/3以下に低減することが可能です。

通常のニッケル皮膜とNi-PTFE皮膜との摩擦係数の測定グラフ


 


⾮粘着性(汚れのつきにくさ)


鶏⾁を⽤いた張り付き試験による性能試験
★⽬的
⽣体組織の張り付き性低減を確認するため
★⽅法
1. Ni-PTFEめっき処理を⾏ったSUS板を準備
2. 300℃のホットプレート上で加温
3. 鶏⾁を10秒置く
4. 繰り返し実施
5. 鶏⾁とSUS板がくっつき持ち上がったところを終点
★結果
PTFE含有量を多く含んだNi-PTFEめっき⽪膜の⽅が⾁が張り付きにくい(汚れが付きにくい)


黒色Ni-PTFEめっき


Ni-PTFE複合めっきの特性に、反射防止性を併せ持った皮膜です。
詳細は黒色化処理のページをご覧ください。

用途や導入例

  • 携帯電話部品に用いられます
  • 家電製品に用いられます
  • 樹脂成型⾦型に用いられます
  • 医療機器部品などに用いられます

Q&A

  • めっき膜の構成を教えて下さい。

    下地Niめっきを⾏なった上へNi-PTFEめっきを⾏なっております。

  • めっき膜厚はどれくらいですか。

    下地Niめっき、Ni-PTFEめっき共に5μmを基本としています。
    ただし、お客様のご要求に合わせて、膜厚の調整は可能です。

  • REACH規制に対応していますか。

    2020年7月に改正されたREACH規制において、規制が強化されたPFOA規制値を満たした皮膜をご提供可能です。

関連する分析技術

関連・類似のめっき技術

お問い合わせ・試作依頼