めっき技術 TECHNOLOGY

耐食性 亜鉛めっき/クロメート(Zn) 黒化処理 主要技術 亜鉛めっき Galvanization

亜鉛めっきは、鉄素地を亜鉛めっき液中で電解することで亜鉛めっき⽪膜を、その後クロメート化成膜を⽣成させます。⽪膜は、亜鉛⽪膜とクロメート⽪膜の2層で構成され、⾼耐⾷の機能を持たせています。
耐⾷性評価には、JIS H8502に準じた中性塩⽔噴霧試験にて対応

対応基材

素材 ︓鉄鋼材
サイズ︓⾃動めっきライン(虹⾊)
      処理最⼤⼨法 530 × 1600 × 230mm
    ⼿動めっきライン(虹⾊、⿊⾊)
      処理最⼤⼨法 200 × 400 × 150mm

対応可能な仕様と機能・特性

量産実績有り
亜鉛 三価クロメート ⾊調︓虹⾊(⼲渉⾊)鉄鋼素材の錆⽌め
亜鉛 三価⿊クロメート ⾊調︓⿊⾊ 鉄鋼製品の錆⽌め

上記以外の仕様についてもお気軽にご相談ください

技術の特徴

亜鉛クロメート⽪膜

・素材(鉄)の錆(⾚錆、⽩錆)の発⽣を防⽌
・複雑形状品への対応
・環境対応3価クロメート仕様
・⾊調は、虹⾊・⿊⾊の2種


⽪膜評価

・中性塩⽔噴霧試験による耐⾷性評価 連続72h(顧客ご要望に応じ断続96hにも対応)
・⼤⼿A社、B社の耐⾷性規格・トルク試験に 合格
・ROHS分析 6価クロム判定試験等 ⽪膜分析が 可能→詳細ページはこちら

用途や導入例

  • 鉄鋼製品に用いられます

Q&A

  • 3価亜鉛めっきの色調は、どんな色がありますか。

    3価亜鉛めっきの色調は、①淡い干渉色 ②ユニクロ色 があります。
    いずれも耐食性は良好です。当社は①淡い干渉色を採用しています。

  • 引っ掛け穴がないような製品でもめっきできますか。

    当社では、ラック式めっきを採用していますので、めっきの為の接点については事前にご相談ください。

  • 一度亜鉛めっきされた製品の一部を切削加工した製品でも、亜鉛めっきできますか。

    可能です。一度めっきを剥離してから改めてメッキ加工します。

  • 寸法精度が厳しい製品について対応は可能でしょうか。

    事前にご相談ください。膜厚やマスキングなど御提案させていただきます。

  • 黒皮品でもメッキ可能でしょうか。

    可能です。黒皮を剥離してからメッキさせていただきます。

関連する分析技術

関連・類似のめっき技術

お問い合わせ・試作依頼