スマートフォン版を表示

メッキ(めっき)技術
清川メッキTOP > めっき技術 その他のめっき 

その他のめっき

技術名 主な技術紹介記事の内容
陽極酸化(アルマイト)処理 アルミ上に酸化膜を作ることにより、硬く耐食性が良いアルミ材にすることが出来ます
硬質アルマイト 弊社の長年培ってきたアルマイト技術と環境技術をミックスしたアルマック
チタンへのめっき 軽く、強く、耐食性が良い材料ですが、チタンとは何か、チタンへのめっきについてご説明いたします。
チタン材へのカラーリング 純チタンやチタン合金上に陽極酸化処理にて、カラーリングを行うことができます
黒色表面処理(光学機器部品/電子部品印字下地など) 一概に黒と言っても、光沢あり、つや消し、ナシジ処理などなまざまです。
黒化処理 黒色表面処理は装飾はもちろんですが光学系部品など幅広い分野に多く使用されています。
黒染 黒色の美しい、そしてある程度のサビ止め効果をもっている。
アルミ系素材とめっき アルミ系素材へのめっきの方法について御説明いたします
機械要素技術メッキ 硬い、すべる めっき技術 1.
鉄素材とめっき 鉄および鉄系素材にはどの様な物が有るか。また、めっきとの相性について説明いたします。
炭素鋼への表面処理 一般的に密着性が悪い、外観ムラになりやすい難素材である炭素鋼に、綺麗なめっきを行います
硬質クロムめっき 耐摩耗性に優れ、寸法精度確保のため薄付けにも対応
六価クロムフリーメッキ 環境負荷物質である亜鉛めっきクロメート品六価クロムフリー
再生めっき(剥離→再生めっき) 設備メンテナンス時の部品の再生めっきのために剥離技術
磁石へのめっき技術 Nd系およびSm系の磁石に、防錆、接着性向上目的としてニッケルめっきが出来ます
めっき皮膜 色のバリエーション 素材、前処理、めっき種類、めっき膜厚によりめっきの表情が変わります。
化成処理 硫化物や酸化物の皮膜にて耐食性や塗装の密着性を向上させる技術です
ナノめっき ナノめっき「JAPAN TECHNOLOGY nano PLATING」
ページTOPへ