めっき技術への取り組み THECNOLOGY

独自のナノめっき技術で技術開発 4つの成長分野への取り組み

安定成長するためには、10年後、20年後、30年後を見て経営が必要です。
そのために、清川メッキは、独自の「ナノめっき技術」で、4つの成長分野での技術開発を実施しています。
 
01
NANO PLATING 01

国内トップシェア!!

高精度実装半田付けめっき!!

通信分野へのめっき技術通信IoT

IoT・通信機器の小型・高機能化とチップ部品の変化に貢献

通信IoT分野とは、スマートフォンを中心とする電子機器の部品です。
現代では、物と物は通信でつながっていきます。車と車、スマートフォンと鍵、エアコンと腕時計など、物がセンサーで感知し、通信し合います。そこには、たくさんの小さな電子部品が必要になります。ナノめっきにより、小さく、軽く、薄く、省資源、省エネを実現しています。

 
02
NANO PLATING 02

国内トップシェア!!

10年前目指した技術が開花!!

次世代自動車分野へのめっき技術自動車

未来のクルマにもめっき技術が使われています!!

次世代自動車分野へのめっき技術では、半導体を中心とするナノめっきです。
エンジン、モーター、自動運転、自動安全装置など、信頼性の高い半導体が制御しています。
清川メッキでは、この分野の半導体めっきを国の技術開発認定(戦略的基礎技術高度化支援事業)を付け、世界にさきがけて量産化に結び付けました。
ナノ配線により、より信頼性が高く、より高度な情報処理を可能にしています。

 
03
NANO PLATING 03

安心・安全の提供

不良0の『絶対品質』

医療分野へのめっき技術医療・バイオ

独自の技術力で医療分野の進化に貢献しています。

医療分野では、日々進化している外科医療機器にナノめっきが活用されています。
めっきにより、医療機器の特性を向上させ、手術のリスクを低減しています。
医療機器独自の生体適合性、血などのふき取り性、耐滅菌性、耐久性を持たせるめっきや、ナノ金型をめっきで作るバイオセンサーなど、独自技術により、多くの患者のリスクを減らしています。

 
04
NANO PLATING 04

安心・安全の提供

加工・部品めっきから材料開発へ

宇宙・エネルギー分野へのめっき技術宇宙エネルギー

人類の新しいエネルギー開発技術にも協力しています。

宇宙・エネルギー分野では、粉体めっきにより、新しい材料開発を行っています。
1ミクロン以下の粉体にナノのめっきをすることで、下地の材料とめっきの2種類の特性を持つ、新しい材料開発ができます。粉体が小さかれば小さいほど容量あたりの表面積が増え、蓄えられるエネルギーや特性が増します。
この技術は、平成27年度文部科学大臣表彰を受賞し、実績が評価されました。

世界中から診断を受注! 高い技術力分析サービス

清川メッキのめっき技術を支える分析技術も高い!

めっき業界! 分析の国際認定規格 ISO/IEC17025認定

ISOに関しては。1994年に9001、1997年14001、2008年に分析のISO/IEC17025を共に、日本のめっき企業では一番の取得をしております。 また、2010年には、ISO14001 ASPR、2011年には、ISO/IEC17025のめっきに関わる規格をすべて獲得し、共に世界初の取得となっております。
めっき業界初!日本初!世界初!めっきに関わる規格をすべて獲得!

ISOとは?

ISOとは国際標準化機構という非営利法人のこと

ISO(アイエスオー)とは、国際標準化機構という非営利法人のことです。国際標準化機構とは、様々な世界の標準(ISO規格)を定める団体であり、日本を含む世界162カ国がISOという機構に加盟しています。

ISOの主な目的はISO規格とも呼ばれる国際規格の策定であり、私達に身近なものから縁遠いものまで、数多く策定しています。
このISOという組織が定める「ISO規格」のことを省略して「ISO」と呼ぶことがあります。

一般的に「ISOを取得する」とは「ISOの規格の認証を得る」という意味になります。

ISO規格は身近に存在します。

では、ISO規格とは一体どのようなものがあるでしょうか?
例えば、私達は当たり前のように1cmを1cmと認識していますが、実はこの長さを表す[m (メートル)]という単位は「標準化」がされており、現在は誰もがその規格に従っています。1cmというものを標準化することで、設計した通りに製品が出来上がったり、簡単に壊れたりしないような丈夫な製品をつくることができるのです。

長さを表すメートル以外にも面積を表す㎡、体積を表す㎥、単位の他にもコンセントの形状や、電池の種類、非常口のマークもISO規格のひとつです。

ISO7010:非常口のピクトグラム
ISO7010:非常口のピクトグラム

高い技術力を生み出す福井大学との共同研究

福井大学との共同研究も実施し、福井大学内には、清川メッキ サテライト研究所が設置され、実験のほか、大学での高度な分析装置も清川メッキ社員が使いこなしています。
福井大学との共同研究
  • 透過型電子顕微鏡Transmission Electron Microscope;(TEM)
  • FIBFocused Ion Beam
  • X線回折X‐ray diffraction(XRD)
  • FT-IRFourier Transform Infrared Spectroscopy
  • ラマン分光Raman Spectroscopy
  • オージェ電子分光法Auger Electron Spectroscopy (AES)
  • X線CTX-ray CT scanners
  • X線光電子分光Electron Spectroscopy for Chemical Analysis(ESCA)

分析機器を少しご紹介!

マルチソルダーテスター 写真
マルチソルダーテスター
接触角計
接触角計
電気化学特性分析装置
電気化学特性分析装置
他にも多くの分析機器を使用しています!
LINE@で質問する! お友達登録する!
LINE@で質問する!
採用に関するご質問などを受け付けてます。
求人情報や会社説明会等の採用イベントのお知らせや、清川の会社紹介等もお届けします!
QRコードまたはLINEアプリからID検索でお友達登録してください!
お友達登録!!
QRコード

@289hslqp