スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年3月  来月>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

大学生が福井県内企業の取材 魅力を発信!!

福井大学が、地元企業、地元タウン誌、地元経済団体を巻き込んで真剣授業!!

●開催趣旨
経済産業省平成23年度事業『産学協働教育を通した中小企業の魅力発信事業」の一環として行われました。すでに先進的な取り組みを行っている福井大学を舞台に中小企業の魅力を探り発信する授業を11月18日に実施しました。県内の中小企業6社と大学生が出会い、相互交流。大学生がインタビューを行い、その魅力をさぐり「この会社で働きたくなるような」プレゼンを11月25日に行います。
この授業は、一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会さんが、本事業受託し、福井大学そして、福井の中小企業と協働し実施されました。


就職ランキングに名を連ねてなくても魅力的な企業はたくさんあり、「県内の中小企業への就職っていうのもすてきだな・・・」という雰囲気が生まれることが目的です。

清川メッキも参加しましたが、学生の輝いた眼差しと鋭いインタビューには、こちらも大変よい経験となりました。例えば、こんな質問が‥
学生「会社の資源で、何が一番大事ですか?」
清川「社員ですね!」
学生「え‥なぜ、社員ですか、お客様ではないのですか?」
清川「社員が喜びの無い仕事で、お客様は、幸せになれない!社員に負担だけを与え、お客様が喜んでも、それは、一瞬のことであり、長続きはしない。企業の一番の目的は、もうけることでもなく、拡大して日本一や世界一になることでもない。継続することが、目的である。そして、清川の目標は、継続のためにお客様のに取って一番になることであり、『やっぱ、清川メッキでないとあかんわ〜』と言っていただけるお客様と継続的にお付き合いさせて頂くことが、社員の喜びとなる。
よって、社員が一番、そうすれば、お客様、地域へと広がっていく」

場 所:福井大学総合研究棟T総合小2講義室 
日 時:11月18日(金)
      13:00-14:30  タウン誌URARAによるインタビューの仕方講座
      14:45-16:15  グループに分かれて企業へインタビュー
    11月25日(金)
      13:00-14:30  リハーサル
      14:45-16:15  プレゼン、大学教授、経済人による講評

参加者:福井大学工学部、地域教育科学部学生 30名

参加企業、団体:有限会社山内スプリング製作所、株式会社いやさか、有限会社幸伸食品
        イワイ株式会社、清川メッキ工業株式会社、福井商工会議所

審査員:株式会社大津屋、福井大学の先生方、その他経済団体


リンク
キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会

テーマ:キャリア教育・ようこそ子供達    【 2011年11月21日 】