スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

特集:ビアフィルめっきにおけるCVS分析 第3回 【抑制剤の分析】

抑制剤の分析:DT(Dilution Titration)法
VMSに既知濃度の抑制剤を添加し、添加剤未添加時のめっき量(Ar0)と添加によって抑制されためっき量(Ar)の比をプロットします。
(Arは剥離面積を表しますが、ここでは説明を省略し、わかりやすくめっき量とします)
抑制剤の効果によって、析出が抑えられ、初期のめっき量Ar0の半分になった添加量をエンドポイントとします。
同様に、VMSに未知試料(稼動めっき液)を添加し、エンドポイントを求めます。
標準液と未知試料のエンドポイントの比から、未知試料の抑制剤量が求まります。


リンク
CVS分析装置

リンク
めっきクリニック

テーマ:キラりと光る分析力    【 2011年10月25日 】