スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

FMEAによる予防処置活動の紹介

<活動内容>
ものづくりにおいて、予防処置は大切です。備えれば憂いなし!あのときやっておけば良かった。と成らないために、製造工程における作業及び管理のプロセス要素に着目してFMEAによる予防処置活動を行っています。
FMEA(えふえむいーえー、英: Failure Mode and Effect Analysis)とは、故障・不具合の防止を目的とした、潜在的な故障・不具合の体系的な分析方法です。

<活動の流れ>
"各工程別に故障モード・原因・製造工程と製品品質に与える影響を洗い出します。
発生頻度・工程影響・製品影響・検知度別に評価し、危険度優先順位数(RPN)が基準点以上の故障モードに対して改善を行い不良発生の未然防止に努めています。

清川メッキは、様々な手法、考え方の中から、適切なものを選び、品質の安定をはかっております。


テーマ:心ときめく技術力    【 2010年11月22日 】