スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年8月  来月>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

Iビジョン活動 在庫管理方法について(かんばん)

清川メッキは、ものづくり企業として、良いもの、良い仕組みは積極的に取り入れ、独自に改良して使用していくようにしています。
TPS(トヨタ生産方式)なども活用しています。
TPSの正式なやり方ではありませんが、我々の職場にあったやり方に見直し、活用しています。
TPSの定義は、「より良いモノを、より安く」ですが、我々は、独自活動Iビジョン活動の定義を「満足の連鎖」をしています。
「満足の連鎖」とは、社員がやりやすく、快適なものづくりができれば、社員が満足し、良いモノが、安く出きる。その結果、お客様に満足が連鎖し、社会にも満足が連鎖する。
「安さ」が目的ではなく、結果として「安さ」が達成できる活動を主体としています。
今回の、基本の<かんばん>です。

<かんばん>
かんばん=ジャストインタイム生産を実現するための管理の道具。
かんばんは材料の欠品を防ぎ、余分な在庫を持たないために使用しています。
材料の欠品0、過剰在庫0を目標にかんばんによる在庫管理を行っています。

■かんばん運用の流れ
@材料を使用した時、材料についているかんばんを取り外し、外れかんばん掛けに掛ける。
A外れかんばんに掛かっているかんばんの材料を発注する。
 発注した材料を記録表に記入してかんばんを発注済みかんばんに掛ける。
B材料が入荷したら、発注済みかんばんに掛かっている同じ材料名のかんばんを外して材料に付ける。
@〜Bの手順を繰り返し行い、在庫を適正管理しています。


テーマ:進化し続ける現場力    【 2009年11月09日 】