スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年6月  来月>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

教育委員会研修にて「キャリア教育」の意見交換(4/4)

8月4日に、福井商工会議所青年部と福井県教育委員会の中小学校教員の研修兼情報交換会がありました。
先生方と「キャリア教育」について話あり、多くの意見交換をしました。そこで感じた事を4回に分けて報告します。

○「教える教育」ではなく、「教えさせる教育」が最高の教育
「おしごと探検隊 “アントレ・キッズ”を実施してきた福井YEGにとって「キャリア教育」とは、最高の私たち自信の教育の場です。私たちが、本気になって、児童、生徒、学生と接する事で、「自分を知ること」ができます。また、先生、子ども達や保護者を通して社会で出会うことができます。世の中で自分の仕事の意義と重要性を知ることができ、「やるべき事」を再認識でき、「やりたい事」つまり“夢”に近づくチャンスが見えてきます。
 一人一人が、チャンスを活かし、成長していくことで、各人の仕事の質が向上し、ひいては、各メンバーの会社として、お客様に更に喜んで頂ける、モノづくり、サービスができる企業となります。ダムは、わずかな亀裂から、水が漏れだし決壊します。企業も社会も同じです。誰かが、亀裂を起こせば、いずれ企業も、社会も崩壊します。一人一人が、自分の仕事に責任と誇りを持ち、チームワークで社会を救う気持ちで、目の前の仕事を行っていけば、決して、亀裂が入ることも、亀裂が入っても、すぐ見つけ修理できる企業、集団となります。
キャリア教育を通して、福井YEGは、こんな企業の集団になっていると思います。


リンク
福井YEG おしごと探検隊 アントレ・キッズ

テーマ:キャリア教育・ようこそ子供達    【 2009年08月16日 】