スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

『西洋百工新書』で、めっきの歴史発見

表紙
【表紙】
  • 鍍金ページ1 【鍍金ページ1】
  • 鍍金ページ2,3 【鍍金ページ2,3】
  • 鍍金ページ4,5 【鍍金ページ4,5】
  • 鍍金ページ6,7 【鍍金ページ6,7】

また、めっきの歴史に関する本を見つけましたです。

宮崎柳條著『西洋百工新書』は前篇1冊、後篇1冊、外篇3冊の5冊から成っており、そのほかに附録2冊あります。海外の新知識を分かり易く解説して、産業技術の発展を促そうと意図したものであり、巻之一には、鍍金に関係して次の諸法を簡単に記述してあります。

四 厄利斉亜鍍金(ぎりしゃ)の法五 鍍金の金を剥落す法:
十一 象牙に鍍銀(ぎんめっき)をする法;
三十二 鉄器へ鍍金する法;
三十六 擦鍍々金(すりつけめっき)の法:
外編巻之一には「電気鍍金ノ方」が、外編巻之二には「鍍金法」がそれぞれ記述
されています。

前・後篇は明治5(1872)年に、外篇は明治6年に、附録は『百科工業新書(百工新書附録)』として明治13年にそれぞれ出版されました。

130年以上前に、新しい技術を学ぶ力を感じることができる”文化”は、我々にも”継承”されていることを感じます。


リンク
『明治節用大全』明治の百科事典にも「鍍金」を見つけました。

リンク
日本初の体系的化学辞書『舎密開宗』に「鍍金」を発見

テーマ:お知らせ    【 2009年07月09日 】