スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

産学官の挑戦”ナノめっきで汎用性高い導波管

2008年5月13日福井新聞に掲載いただきました。
福井県の産学官協同研究事業「福井まんなかエリア」では、2006年度から、ナノめっきを基礎にした技術を進めています。

電子レンジや携帯電話、衛生通信など、さまざまな分野で使用されている電磁波、周波数、数百ギガヘルツから数万ギガヘルツのテラヘルツは電磁波の中で利用が遅れている領域だが、発信器の開発に伴い大容量通信や医療機器などの分野で今後の研究進展が期待されています。
清川メッキを含む研究チームは、テラヘルツ波を低減させずに伝送するコルゲート構造の導波管の開発を進めています。
清川メッキは、コルゲート構造の導波管の内壁全体に周波数に合わせたミクロ単位の微細な溝を刻む装置をナノめっきにより開発しました。
”自由なる創意の結果、大いなる未来を拓く”の経営理念の元、確実に研究開発を進め、ナノめっきにより社会を豊かにする事を進めています。


リンク
産学官の挑戦”ナノめっきでプレス加工可能FRM

リンク
産学官の挑戦”ナノめっきで、リチウム電池材料開発”2

テーマ:ナノめっき    【 2008年05月14日 】