スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

産学官の挑戦”ナノめっきで、リチウム電池材料開発”2

2008年4月8日福井新聞に掲載いただきました。
福井県の産学官協同研究事業「福井まんなかエリア」では、2006年度から、ナノめっきを基礎にした技術を進めています。二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーとして、将来の需要が見込まれる太陽光発電。小型の太陽電池を複数毎組み込んだ、持ち運びに原理な電源装置の開発に取り組んでいます。太陽電池の小型化に欠かせないのがナノめっき技術。ナノめっき技術が活用されているのは、電池の電極部分。「性能を下げずに小型化にするためには、太陽光を受ける電池表面をできるだけ小さくする必要がある」七ミリ角の電池に、幅五十ミクロンと従来の五分の一から十分の一の細さの電極を形成する研究を進めています。今後さらに具体的な商品イメージを固めていく計画です。


リンク
産学官の挑戦”ナノめっきで、リチウム電池材料開発”1

テーマ:ナノめっき    【 2008年04月10日 】