スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

科学技術大賞2

福井県科学学術大賞の開発内容をご紹介します。

開発名:めっき皮膜中の環境規制物質微量分析の開発
研究・開発等の時期:2009年3月〜 2012年2月(計2年11月)
要約:欧州をはじめとした環境規制はいまや世界中で施行されており、海外と取引を行う企業にとって大きなリスクとなっています。規制物質の不使用、非含有を保証することは、リスク回避の大きな手段ですが、これまでめっき皮膜レベルでの保証を行えるところがなく、市場での要望が高まっておりました。
 そこで、めっき皮膜中の環境規制物質微量分析の開発を行うことで、ISO/IEC17025の認定を受けた試験報告書を発行できる世界初の試験所となりました。今回、開発した分析方法は、これからの日本の産業を支えるナノテク分野の技術開発にて必要なものであり、既に、電子部品、半導体、自動車、医療・バイオ、航空宇宙、など多くの分野に対応しています。


リンク
お問い合わせ

テーマ:嬉しい受賞・認定    【 2015年03月20日 】