スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年1月  来月>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

日経ものづくり塾セミナー「めっきの基礎から最新活用法まで」 

清川社長が2月24日に「めっきの基礎から最新活用法まで」のセミナーを実施いたします。
めっきの基礎から最新のめっき技術の事例まで分かりやすく御説明いたしますので、めっきについて勉強されたい方は、この機会に是非ともご参加をお願いいたします。

「近頃、めっきの基礎を知らない技術者が増えてきた」---。
大手メーカーを中心に、ベテラン技術者からこんな声を多く聞くようになりました。

めっき技術は、電子部品のはんだ付けや機械部品の耐摩耗性向上など、
あらゆる製品の性能向上に欠かせないものです。
「技術者がめっきを知らない」という状況で、本当にいいのでしょうか。

当初は「見栄えを良くする」という装飾性を目的としていましたが、
その後、機能性薄膜作製技術として新素材開発などにも活用され始めました。

特に近年では、大面積、非平滑面へも均一に薄膜を形成できることから、
電子デバイスの微細配線や三次元実装、バイオやMEMSの微細加工に、
めっき技術が生かされています。
今後は、ナノスケールの微細加工、めっきの機能性を応用した電池材料の開発、
難素材へのめっき技術の開発と新規用途開拓といった技術革新が期待されています。
併せて、環境にやさしいプロセス技術開発も急がれています。

ものづくり技術者なら知っておきたい、めっきの基礎と最新活用法を解説します。

「めっきの基礎から最新活用法まで」・・・めっき技術を基礎から学ぶ 〜最新の開発事例、トラブル事例が参考に
講師:清川メッキ工業株式会社
    代表取締役社長 清川 肇 

受講内容:【1】めっきとは
      【2】めっきの基礎
      【3】電子部品へのめっき
      【4】粉体へのめっき
      【5】半導体へのめっき
      【6】MEMS電鋳
      【7】めっき皮膜の分析方法

日時:2014年2月24日(月) 10:00〜17:00(開場9:30)
会場:Learning Square新橋 
    東京都港区新橋4-21-3
主催:日経ものづくり
受講料:一般価格 52,500円  
    日経ものづくり読者会員 42,000円
 ※お申込みにつきましては、リンク先である「日経ものづくり塾」のページよりお願いいたします。


リンク
日経ものづくり塾

リンク
めっき技術

テーマ:講師派遣    【 2014年02月03日 】