スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > メッキ技術 > 機械要素技術メッキ

機械要素技術メッキ

硬い、すべる めっき技術 1.

硬い、すべる めっき技術 1. / 機械要素技術メッキ


基本膜厚・防錆・耐摩耗性・機械的特性
◎…特に良い
○…良い
△…折出条件

使用条件による
基本膜厚(µm)防錆耐磨耗性機械的特性
硬度(Hv)熱処理後硬度(Hv)均一折出性肉盛り性型離れ性すべり性摺動性撥水性
工業用
硬質クロム
10〜900〜1000750〜850 梨地
 
工業用
硬質クロムフラッシュ
3〜5 --       
硬質アルマイト30〜150 350〜450-   
硬質アルマイト(黒)40〜60  350〜450-    
黒アルマイト15〜30  150〜250-     
黒色ニッケル約10  350550     
撥水めっき下地5
撥水5
300550 
無電解Ni5〜10350550穴◎  

硬い、すべる めっき技術 2.

硬い、すべる めっき技術 2. / 機械要素技術メッキ

電気的・熱的・その他
 電気的熱的その他用途事例
◎…特に良い
○…良い
△…折出条件

使用条件による
電気絶縁性非磁性耐熱性熱伝導性反射防止性多孔性非粘着性素材容易性エコ
工業用
硬質クロム
     シリンダーシャフト
繊維機械ロール
工業用
硬質クロムフラッシュ
        一般機械部品
硬質アルマイト   アルミロール
マンホールフタ
コピー機部品
硬質アルマイト(黒)  検査機器部品
黒アルマイト   光学機器部品
外装品
黒ニッケル      反射防止部品
高硬度部品
撥水めっき       ベアリング
金型バルブ
ポンプ部品
無電解Ni     精密部品
歯車
バルブ等

硬い、すべる めっき技術 3.

めっき皮膜硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後






 300600
特徴及び特性
1)皮膜中に12%以上のPTFEを含有することにより、接触角度が約170°となり超撥水性を示します。
2)金属との複合材料であるため、高硬度です。
3)低摩耗性で滑り性が良好です。
使用用途
金型、アイロン、スクリーンメッシュ、シーズヒータ、加工機械定盤、電池活物質、医療関係等々












(Ni-PTFE)
硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
300550
特徴及び特性
1)皮膜中に20〜26vol%のPTFEを含有しています。
2)特に、耐摩耗性、すべり(円滑)性、離型性等に優れています。
3)一般の無電解ニッケルと同等の優れた耐食性を示します。
4)PTFEと同等の110°程度の撥水性を示します。
5)静電気を帯びにくいため、汚れや粉末が着きにくくなっております。
使用用途
プラスチック及びラバーモールド用金型、ピストン及びピストンリング、ベアリング、バルブ等々
Ni-Sic硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
7001450
特徴及び特性
1)耐摩耗性、離型性、耐食性に優れています。
使用用途
各種金型、スクリュー、ノズルプレート、糸道、各種ロール、ピストンロッド、印刷ロール、バルブ弁、シャフト等々





Ni-P-W硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
700〜8001000〜1100
特徴及び特性
1)ガラス成型用金型に用いると、
2)プリンター等のロールやギヤに用いると、紙送りがスムーズになり、ペンの移動が円滑になります。
3)ベアリングや摺動部品に用いると、マシーンの立ち上がりがスムーズになり、耐久性が向上します。
4)他のめっきとの組み合わせで、さらに特長のある被膜が得られます。
例:N-P-W + Ni-PTFE、Ni-P-W + Ni-B・・・
使用用途
ガラス金型、シューター、事務機(コピー、ギア)、ベアリング、電子部品(サーミスター、温度センサー、リード)、樹脂金型等々
Ni-B硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
8001200〜1300
特徴及び特性
1)B含有量の低い(1%)ものは、ボンディング性やハンダ付け性に優れるため、電子部品に用いられます。
2)B含有量の多い(3〜6%)ものは、潤滑性や耐摩耗性に優れているため機械部品などに用いられます。
使用用途
ジェットエンジンの部品、ガラス成形金型、自動車のクラッチ部品等々
Ni-p硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
5501100
特徴及び特性
1)機械部品、厚付け部品、アルミニウム部品に適しています。
2)被膜が緻密で、耐食性に優れています。
3)析出状態では非磁性となっております。
使用用途
金型、射出成型用シリンダー、スクリュー、ノズル、各種弁、ピストン、ベアリング等々
pb硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
280 
特徴及び特性
1)Niめっきに比べて接触抵抗、耐食性、摺動性に優れています。
2)膜厚によって特性が大きく変化しますので、用途によって膜厚の選定をする必要があります。
使用用途
電子部品の各種接点、端子、コネクター




Cr硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
7001000
特徴及び特性
1)摩擦係数が小さく耐摩耗性が良いため、あらゆる分野で耐摩耗性付与の目的で使用されています。
2)大気中で非常に安定であり、加熱した場合でも外観変化はなく、500℃まで重量変化がほとんどありません。
3)塩酸以外の多くの薬品やガスに対して腐食されにくくなっています。
使用用途
内燃機関のシリンダー、ピストンリング、その他工業用、一般装飾用等々
Ni硬度(Hv)滑り性
熱処理前熱処理後
150〜250 
特徴及び特性
1)めっき膜厚の調整が容易です(厚付け可能)。
2)光沢のある外観を得ることが出来ます。
3)無電解めっきに比べて低コストです。
使用用途
エンジンの摺動部、各種ローラー、金型、電気器具、ボルト、ナット、ワッシャー
【特徴】各種複合めっき、合金めっきなど御座いますが組成調整により各特性にマッチした皮膜を形成することが可能です

各メッキ皮膜の硬度を調査結果

測定日  : 2009年1月20日
測定場所 : 福井県工業技術センター
測定装置 : マイクロビッカース硬度計 
         MVK-H2V3/潟Aカシ(現ミツトヨ)
電気ニッケルの硬度を1とした時の各めっき毎の指数にて表示をしています。
弊社、無電解ニッケル及びニッケル・ボロンめっきは、めっきの条件、熱処理条件により、電気ニッケルめっきの2倍の硬度を持たすことができます。

【硬度測定結果】

【硬度測定結果】 / 機械要素技術メッキ
主なめっき被膜を評価用板にめっきし、評価した結果

【硬度測定結果グラフ】

【硬度測定結果グラフ】 / 機械要素技術メッキ
評価結果のグラフ
めっき技術一覧に戻る
ページTOPへ