スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > めっき技術 複合めっき > 無電解撥水メッキ

無電解撥水メッキ

撥水性良好(接触角110度),耐磨耗性、摺動性が良好

撥水性良好(接触角110度),耐磨耗性、摺動性が良好 / 無電解撥水メッキ
@環境問題対応(PFOS対応、鉛フリー)
A高共析PTFE複合ニッケルめっき皮膜(PTFE20〜25vol%)
B撥水性良好(接触角110度)
C耐磨耗性、摺動性が良好
D非粘着性が有り、離型性、剥離性が良好
E皮膜中に均一にPTFEが分散析出しており、しかも300HVのため持続性・耐久性が良好

PFOS問題

@PFOSとは
 パーフルオロオクタンスルホン酸の略で、フッ素系のコーティング剤や界面活性剤の原料として撥水剤や衣類、特殊用紙、建材など広範囲に使用されている。めっき使用としては界面活性剤として使用していたが、今回これをPFOS以外の人体に影響の無い界面活性剤に置き換える対応を施した。
APFOSの人体への影響
 すぐに分かるような急激な健康被害や慢性的にどうなるかははっきりとした研究結果が出てないが、血液中や肝臓に蓄積することが判明しており、米国の事例では先天性障害のある赤ちゃんよりPFOSが検出されたり、PFOSを取扱っている作業者の前立腺がんでの死亡率が3.3倍になったと言う例もある。
B今後の動向
 現在は特に規制はありませんが、POPs(残留性汚染有機化合物:難分解性で環境中に拡散、蓄積する物質)としてストックホルム条約会議にて提案され2009年に決定される見込みです。従いまして法規制された場合はPFOSは使用出来なくなります。

メッキ皮膜表面SEM写真

メッキ皮膜表面SEM写真 / 無電解撥水メッキ
PFOS対応撥水メッキ皮膜の表面SEM写真です。
黒い点がPTFE粒子で、均一に分散している状態がお分かりになると思います。

メッキ皮膜断面SEM写真

メッキ皮膜断面SEM写真 / 無電解撥水メッキ
PFOS対応撥水メッキ皮膜の断面SEM写真です。
黒い点がPTFE粒子で、均一に分散している状態がお分かりになると思います。
ページTOPへ