スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > メッキ技術 > MEDTEC Japan2016展示会

MEDTEC Japan2016展示会

MEDTEC Japan2016展示会

チタンにめっきや陽極酸化にて着色したり
金、白金、ロジウムなどの生体適合性に優れためっきを行ったり
撥水めっきにて、撥水性や汚れ付着防止を施したり
PEEKやPPSなどのスーパーエンプラにめっきを行ったり
          
       など、医療に求められる、めっき技術をご紹介いたします。

チタン素材への表面処理技術

チタン素材への表面処理技術 / MEDTEC Japan2016展示会
難素材である、チタンに、めっきや陽極酸化、化成処理が出来ます。
チタン材へのめっきを行うことにより、他のチタン部品との接合が可能となったり、機能性の付与、導電性の改善が出来ます。
陽極酸化では、着色剤を使用することなく、カラーリングが出来、器具の識別、親水化処理、光触媒効果が出ます。
化成処理では、黒色化することにより、光反射防止の効果が期待できます。

各種貴金属めっき技術

各種貴金属めっき技術 / MEDTEC Japan2016展示会
高硬度金めっきや白金めっき、ロジウムメッキなど、高耐食性であり、生体適合性の有る、貴金属めっきです。
また、低抵抗化、接合性向上、耐酸化防止などの効果もあります。

ガラスへのDIRECTめっき技術

ガラスへのDIRECTめっき技術 / MEDTEC Japan2016展示会
ガラス表面をエッチングすることなく、直接、めっきを行うことができます。
5μm配線などの微細パターンの作成も出来ます。

撥水めっき技術

撥水めっき技術 / MEDTEC Japan2016展示会
高い撥水性と、無電解Niめっき皮膜の約3倍の摺動性が得られます。
めっき技術一覧に戻る
ページTOPへ