スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 人工汗-ニッケル溶出試験(EN1811:2011)

人工汗-ニッケル溶出試験(EN1811:2011)

EN1811:2011 ニッケル溶出試験

ニッケルは金属アレルギーを引き起こす可能性があり、ヨーロッパではアクセサリー等、皮膚に直接触れる金属製品のニッケル溶出量を規制しています。さらに近年、ヨーロッパ以外の地域でもニッケルに対する規制が厳しくなってきています。

当社では、欧州規格EN1811:2011によるニッケル溶出量試験を行っております。





試験について

試験について / 人工汗-ニッケル溶出試験(EN1811:2011)

試験方法



@恒温装置内でサンプルを人工汗中に1週間浸漬

A人工汗中にどれくらいニッケルが溶出しているかを定量(当社ではICP-OESにて測定)





■評価

 ○ピアス等、体の内部に挿入するもの…0.11μg/cm2/ 以下



 ○その他のアクセサリー…0.28μg/cm2/ 以下




■必要サンプル目安

 指輪:3個

 

※サンプル仕様・形状によって異なりますので、詳細は直接お問い合わせください。

ページTOPへ