スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > MEDTEC2014Japan展

MEDTEC2014Japan展

MEDTEC2014Japan展

医療の分野にも活用できるめっき技術のご紹介をさせていただきます。

高耐食性Auめっき技術

高耐食性Auめっき技術 / MEDTEC2014Japan展
生理食塩水などに代表される電解質溶液に、ニッケル / 金などの2層めっき皮膜を浸漬しますと、ピンホールを介した局部電池により、下地ニッケルが溶出し、皮膜が破壊されたり、外観が劣化したりと耐食性に問題があり、その対策として金の膜厚を上げる方策が採られていましたが、金膜厚アップのコスト高や膜厚バラツキによる寸法精度の問題などの課題がありました。
 当社ではこれらの問題を解決し、薄付金めっきでも高耐食性が得られる金めっき技術を開発いたしました。
 医療やバイオなど電解質溶液を使用する各種分析機器関係のご使用に大きく期待できます。

ガラスへの直接金属パターン形成技術

ガラスへの直接金属パターン形成技術 / MEDTEC2014Japan展
当社と関東学院との共同開発によるプロセスにより、ガラスに直接湿式方法によりめっきを付けることが出来ます。
ITO膜の代替えとしても期待できます。

部分めっき・化学研磨技術

部分めっき・化学研磨技術 / MEDTEC2014Japan展

パイプ形状の外径部および内径部に部分めっきが出来ます。

チタンや各種ステンレスなど難素材へのめっきも可能です。

PFOS対応 撥水めっき技術

PFOS対応 撥水めっき技術 / MEDTEC2014Japan展

無電解Ni-PTFEの複合めっき被膜です。

撥水性、すべり性、耐摩耗性に優れています。

PTFE含有量は低共析、中共析、高共析の調整が出来ます。

難素材へのめっき技術

難素材へのめっき技術 / MEDTEC2014Japan展

炭素鋼、タングステン鋼、モリブデン鋼などは素材の表面酸化膜の影響で密着性が悪いめっき皮膜になります。当社では最適なめっき工法により密着性の良いめっきが出来ます。

また、粉末材料の様な細かい微粒子にもめっきが出来ます。

硬い・滑る めっき技術

硬い・滑る めっき技術 / MEDTEC2014Japan展

  

受託分析

受託分析 / MEDTEC2014Japan展

RoHS分析や皮膜調査など受託分析を承ります。

当社の特徴として分析用のダミー板を新規に作ることなくお客様の実際の製品の一部にて分析を行うことが出来ます。

ページTOPへ