スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > アルマイトの封孔度試験(JIS H 8683-1:1999)

アルマイトの封孔度試験(JIS H 8683-1:1999)

アルマイトの封孔度試験(JIS H 8683-1:1999)

アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の封孔度試験方法(sealing test)


JIS H 8683-1:1999 染料吸着試験


アルマイト処理後の封孔処理による封孔度合いの試験をご依頼いただけます。


当社で実施しております試験方法はJIS規格-染料吸着試験(JIS H 8683-1)です。
皮膜に所定の前処理を施した後、染色液を点滴して皮膜が染料に染色される程度によって封孔効果を調べる方法です。


規定の「汚染度スケール」を用いて、封孔度合いを「汚染度」として数値化できます。

必要サンプルサイズ

当社推奨:試験面として約2cm角/試験回数


(詳細はお問い合わせください)

染料吸着試験の事例-封孔処理有り品と無し品での比較

染料吸着試験の事例-封孔処理有り品と無し品での比較 / アルマイトの封孔度試験(JIS H 8683-1:1999)

 

ページTOPへ