スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 断面観察に必要不可欠な断面研磨技術

断面観察に必要不可欠な断面研磨技術

断面観察に必要不可欠な断面研磨技術

製品の断面観察時の加工技術として「埋め込み研磨技術」があります。


この加工は、簡単にできそうですが、そうではありません。


経験に裏づけされた技術と、確かな目によって仕上げられた断面によって、正確な情報が得られます。

正確な断面に仕上げる技術

めっき皮膜は薄く、また、金属によって硬さが違います。よって、研磨することにより皮膜が変形したり、破損したりすることが一般によくあります。研磨により試料が変化してしまうと、正確な情報を得ることができません。


しかし、当社では、めっき専門業者としての技術と経験によって、正常な断面に仕上げることができます。

埋め込み断面研磨加工によるNG例、OK例

埋め込み断面研磨加工によるNG例、OK例 / 断面観察に必要不可欠な断面研磨技術

めっき皮膜の正確な膜厚が分からない


研磨剤が断面部にささって綺麗な断面が観察できない


なかなかうまく断面加工ができなくて何度もやり直している・・・etc


断面研磨でお困りのお客様は、ぜひ当社の分析サービスをご活用ください!

ピンポイントでダーゲットを捉える技術

ピンポイントでダーゲットを捉える技術 / 断面観察に必要不可欠な断面研磨技術

埋め込み断面研磨で「どの位置の断面を見たいか」ということは非常に重要です。


当社では、数十μm幅の対象に対しピンポイントで断面を捉える技術があります!


研磨によるダメージを与えず、正常な断面を観察することができます。

ページTOPへ