スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > メッキ技術 > 化成処理

化成処理

化成処理とは

化成処理とは / 化成処理
化成処理の種類
 

Q)化成処理には、いろんな種類があるようなので教えてください。


A)化成処理とは、溶液中で硫化や酸化等の化学反応を起こし、素材表面に硫化物や酸化物の被膜を形成し、耐食性や塗装との密着性向上 又 色調性能を良化します。


 ※近年、環境対応として6価クロムフリー化が進められ、クロム酸塩処理のうち、亜鉛めっき上のクロメート処理やアルミ材へのクロム酸処理(アロジン)では、3価クロムへの切替が完了しています。

化成処理の種類

化成処理の種類 / 化成処理
化成処理の種類
 

Q)質問 (2)
 清川メッキでは、どんな化成処理ができますか。また、膜厚はどれくらいでしょうか。


A)右に化成処理の種類と断面膜厚を示します。

めっき技術一覧に戻る
ページTOPへ