スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2017年9月  来月>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

メッキ技術「高耐熱性接合用めっき」を更新いたしました。

メッキ技術「高耐熱性接合用めっきを更新いたしました。
是非ご覧ください。


リンク
メッキ技術紹介

テーマ:お知らせ    【 2017年07月31日 】


要素技術センター竣工しました!

2017年6月13日に弊社の本社新工業/要素技術センター竣工いたしました。清川メッキの存在する価値は、「自由な発想で、人真似をせず、だれも思いつかなかった独創的なめっき技術を生み出すことで、次世代の地球環境を守り、世の中に安全・安心を提供していく」ことにあります。更なるIoT社会に向け、「要素技術センター」を竣工する運びとなりました。皆様のご要望にお応えできるよう、なお一層のめっき技術向上に努める所存でございます。今後とも皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう,宜しくお願い申し上げます。

清川メッキ工業株式会社
代表取締役社長  清川肇


テーマ:お知らせ    【 2017年06月15日 】


明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2017年の年度方針は「熱意は磁石」です。
これは、経営の神様と呼ばれている松下幸之助氏の言葉を参考にしました。『知識や才能に少々乏しい点があっても、強い熱意あれば、そこから次々とものを生みだすことができる。たとえ自分自身で生み出せなくても、一所懸命な姿を見て多くの人が協力してくれる。あたかも磁石が周囲の鉄粉を引きつけるように、熱意は周囲の人を引きつけ、周囲の情勢をも大きく変えていくのである。』
「熱意」という言葉を辞書で引いてみると「物事に対する意気込み。熱心な気持ち。」とあります。熱意は自分だけの問題だけでなく他人にも関わるものです。しかし、熱意を持っていてもそれを外に積極的に出している人はそれほど多くないように思います。熱意を言葉によって外に出すことで、熱意は相手に伝わり、組織に伝わり、最終的に自分に帰ってきて、さらに強くなっていきます。この流れが大事なことだと思います。
仕事は一人ですることもあるかもしれませんが、チーム力が大切です。お互いが熱意を持って事に当たれば、人だけでなく、新しい仕事も磁石のように引き付けることが出来ると思います。

2017年は酉年(とりどし)です。「酉」は、「とり」と読みますが、実際には「にわとり」のことです。「とり→とりこむ」で商売関係に縁起のよい干支とされています。今年は「仕事や挑戦してきたことへの結果を勝ちとる」年にしていきましょう。

                       清川メッキ工業株式会社
                         代表取締役社長 清川 肇


テーマ:お知らせ    【 2017年01月05日 】