スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 分析機器 >  不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)

 

不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)

設備名 不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)
メーカー (株)平山製作所
型  式 PC-304R7
仕  様 [蒸気発生槽] 5kW
[試験槽] 0.6kW
[槽寸法] φ220×D350
[運転モード] 定値運転プログラム運転(100パターン、800ステップ)
[試験モード] 不飽和、飽和
[使用温度範囲] 105.0〜151.4℃(100%RH)109.8〜157.5℃(85%RH)
[使用湿度範囲] 65〜100%RH
[維持精度] ±0.5℃、±3%
[排気モード] 保湿冷却、急速排気
[バイアス] 10チャンネル(125V/トータル30W以内)
仕様用途 電子部品等の耐湿性の加速評価試験
設置・登録日 2000/10
備  考

原理
原理 /  不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)

資料
  ■装置の基本構成(図).gif

蒸気で槽内の気圧を高め、高温、高湿、高圧の試験環境を設定することにより、被試験物の耐湿性を加速評価します。                         
その試験は100℃を越える水蒸気圧力による高温高湿度条件下で行われ、従来の耐湿性評価試験に要する時間を大幅に短縮することが可能です。


特長

・2種類の排気モードがあり、試験の目的に応じ排気モード選択可能
・高精度2槽式構造になっている為、湿度範囲を幅広く設定でき、より精度の高い温度・湿度制御が可能


飽和型試験

試験条件は常に100%の相対湿度を維持します。これは保存試験と呼ばれるもので、ロット不良等の管理及び材料等の開発時の比較試験に適している


不飽和型試験

相対湿度を100%から65%位まで任意に設定することにより、85℃・85%での高温高湿試験との相関関係、さらに市場との相関関係も容易に導き出すことが可能



分析機器
特性分析
接触角計
ソルダーシェアテスター
不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)
引張試験機
マルチソルダーテスター
温湿度試験機
はんだ濡れ性試験機
外観分析
CCD付き顕微鏡
走査型電子顕微鏡(SEM)
電界放射形走査電子顕微鏡(FE-SEM)
3次元レーザー顕微鏡
サーフェイスプロファイラー
卓上顕微鏡(Miniscope)
無機分析
吸光分光光度計
自動滴定分析装置
キャピラリー電気泳動分析装置
エネルギー分散型X線分析装置(EDX)
マルチ型ICP発光分析装置(ICP-OES)
VA重金属分析装置
エネルギー分散型 蛍光X線分析装置(EDX)
エネルギー分散型 微小部蛍光X線分析装置(μEDX)
めっき液自動分析装置
高分解能連続光源原子吸光分析装置(HR-CS AAS)
ICP-OES
有機分析
CVS分析装置
CVS分析装置(ECI製)
その他
クロスセクション ポリッシャー(CP)
埋め込み研磨ラインアップ
ページTOPへ