スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 分析機器 >  自動滴定分析装置

 

自動滴定分析装置

設備名 自動滴定分析装置
メーカー 平沼産業株式会社
型  式 COM-980
仕  様 [滴定種類] 電位差滴定、光度滴定
[検出範囲] pH0〜pH14
       電位差-2000〜+2000mV
[滴定様式] 滴索滴定、変曲点検出、設定点検出、交点検出
仕様用途 滴定分析の自動化
設置・登録日 1999/11
備  考 自動サイクラ付属

分析方法
分析方法 /  自動滴定分析装置

本装置は、滴定による分析を自動的に行います。手分析による滴定は全て指示薬の色の変化を肉眼で見て終点を判断していましたが、自動滴定装置では分析中のサンプル内に適当な電極を挿入しておき、滴下ごとの電位や光の透過率の変化を測定し、終点を求めます。

◇電位差滴定(中和滴定、酸化還元滴定、銀滴定)
   表示範囲 0〜14pH   最小表示 0.01pH
   表示範囲 ±2000mV  最小表示 1mV
 検出方法
  ・変曲点検出 滴下ごとの電位差の微分値を計算し、
            設定した検出感度よりも大きな値が得られたとき終点と判断します。
  ・設定点検出 設定したpH、または電位まで滴定し停止します。

◇光度滴定(キレート滴定)
   出力 透過率に比例したDC電圧
 検出方法
  ・F交点検出 終点前の基線の切線と最も傾斜の大きい部分の
           切線(傾斜線)との交点を終点として検出します。



分析機器
外観分析
デジタルマイクロスコープ
走査型電子顕微鏡(SEM)
電界放射形走査電子顕微鏡(FE-SEM)
3次元レーザー顕微鏡
サーフェイスプロファイラー
卓上顕微鏡(Miniscope)
無機分析
吸光分光光度計
自動滴定分析装置
キャピラリー電気泳動分析装置
エネルギー分散型X線分析装置(EDX)
マルチ型ICP発光分析装置(ICP-OES)
VA重金属分析装置
エネルギー分散型 蛍光X線分析装置(EDX)
エネルギー分散型 微小部蛍光X線分析装置(μEDX)
めっき液自動分析装置
高分解能連続光源原子吸光分析装置(HR-CS AAS)
ICP-OES
有機分析
CVS分析装置
CVS分析装置(ECI製)
その他
クロスセクション ポリッシャー(CP)
埋め込み研磨ラインアップ
特性分析
接触角計
ソルダーシェアテスター
不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)
引張試験機
マルチソルダーテスター
温湿度試験機
はんだ濡れ性試験機
ページTOPへ