スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 分析機器 >  吸光分光光度計

 

吸光分光光度計

設備名 吸光分光光度計
メーカー HITACHI
型  式 U-1100
仕  様 [分光器] 瀬谷−波岡型分光器
      レシオビーム方式
[測定波長領域] 200〜1100nm
[分解能] 5nm
[波長精度] ±1nm
[測光モード] ABS、%T、CONC
仕様用途 液体試料中の物質の定量分析
設置・登録日 1999/11
備  考

測定原理
測定原理 /  吸光分光光度計

資料
  ■Lambert-Beerの法則(図).gif

呈色溶液、または定量成分との反応によって呈色化合物溶液に光(可視領域を中心に約350〜800nm)を当て、分子起動電子の励起に基づく呈色化学種の吸収を、その吸収極大波長で測定し、その強度から定量分析を行います。
 
図より強さIoの単色光が濃度C、長さLの液層を通過したあとItに減光したとすると、次式が成り立ちます。
 It/Io=10−ε・c・L=t(Lambert-Beerの法則)
 ε:吸光係数 t:透過度
透過度の逆数の常用対数をとると、
 log(1/t)=ε・c・L=E
となり、Eを吸光度と呼びます。この吸光度を測定することによって、モル吸光係数既知の溶液中の濃度が求められます。



分析機器
特性分析
接触角計
ソルダーシェアテスター
不飽和型超加速寿命試験装置(PCT)
引張試験機
マルチソルダーテスター
温湿度試験機
はんだ濡れ性試験機
外観分析
デジタルマイクロスコープ
走査型電子顕微鏡(SEM)
電界放射形走査電子顕微鏡(FE-SEM)
3次元レーザー顕微鏡
サーフェイスプロファイラー
卓上顕微鏡(Miniscope)
無機分析
吸光分光光度計
自動滴定分析装置
キャピラリー電気泳動分析装置
エネルギー分散型X線分析装置(EDX)
マルチ型ICP発光分析装置(ICP-OES)
VA重金属分析装置
エネルギー分散型 蛍光X線分析装置(EDX)
エネルギー分散型 微小部蛍光X線分析装置(μEDX)
めっき液自動分析装置
高分解能連続光源原子吸光分析装置(HR-CS AAS)
ICP-OES
有機分析
CVS分析装置
CVS分析装置(ECI製)
その他
クロスセクション ポリッシャー(CP)
埋め込み研磨ラインアップ
ページTOPへ