スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 受託分析 > アクセサリー中のニッケル成分分析

アクセサリー中のニッケル成分分析

アクセサリー中のニッケル成分分析

当社では、アクセサリーに含まれるニッケル成分の分析が可能です。
ニッケルアレルギーを引き起こすニッケル成分について、ニッケルが含有しているかどうか、また、含有量はどのくらいかなど、お客様のご要望に応じて適切な分析をご提供いたします。

成分分析方法にはいくつか方法があります

成分分析方法にはいくつか方法があります / アクセサリー中のニッケル成分分析

○非破壊法での成分分析-蛍光X線

表面付近にニッケル成分があるかどうかを簡易的に調べることができます。この分析で検出されたニッケルがどこに含まれているのか(カバーめっき中にあるのか、下地めっきにあるのか、母材にあるのか)は、以下の破壊法によって調べることができます。


○破壊法での成分分析-その1 断面観察法

アクセサリーを加工し、断面を観察することでニッケル層があるかどうかを確認できます。


○破壊法での成分分析-その2 溶解・定量法

表面のめっき皮膜中に含まれるニッケル量を知ることができます。アクセサリーのめっき皮膜を溶解し、その溶解液中のニッケル量を分析します。

受託分析一覧に戻る
ページTOPへ