スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 受託分析 > 事例-合金素材上のめっき皮膜中RoHS分析

事例-合金素材上のめっき皮膜中RoHS分析

合金素材上のめっき皮膜中RoHS分析

RoHS指令により、電気・電子機器中のPb、Cd、Cr、Hgは環境規制物質として含有量の規制がされております。様々な部品についているめっき皮膜も、RoHS指令の対象となります。RoHS指令の対象は、機械的分離可能な均質材料であり、めっき製品においては、母材とめっきは分離可能という捉え方が広がっております。したがって、めっき皮膜のみの含有量調査が必要となります。


その一方、めっき皮膜の分離分析は、分析知識、分析技術に加え、専門的なめっき知識がないと困難です。


当社では、ISO/IEC17025試験所認定項目において、「めっき皮膜のRoHS分析」の認定を取得しております。
また、当受託分析においても、一番多くご依頼いただいている分析となります。

規制物質含有母材上のめっき皮膜RoHS分析

RoHSの規制物質の含有量はPb・Cr(Y)・Hgは1000ppm、Cdは100ppm未満が基本です。
ですが、一部、この含有量範囲から除外されているものがあります。
例えば、Pbの場合、銅合金中は4wt%未満、アルミ合金中は0.4wt%未満、鋼材では0.35wt%未満であれば、適合となります。
このような規制物質含有材料上のめっき皮膜を分析すると、母材の影響からめっき皮膜中には本来入っていない規制物質がめっき皮膜中含有物として検出されてしまうことがあります。
蛍光X線でのスクリーニングでも母材成分も検出されるため、判断ができません。
これでは、信頼のある分析結果が得られません。


では、どのように分析すれば、いいのか?


以下に、事例を挙げて説明します。

黄銅上のNiめっき-RoHS分析

黄銅上のNiめっき-RoHS分析 / 事例-合金素材上のめっき皮膜中RoHS分析

Pb含有量3wt%黄銅上にNiめっきした部品があります。Niめっき中のPb含有量を測定したい場合、Niめっき分離時に、黄銅が混ざってしまうと、黄銅中のPbも入ってしまいます。すると、分析したPbが、Niめっき中のPbなのか、黄銅中のPbなのか分からなくなってしまいます。


当社では、めっき皮膜のみを選択的に溶解することで、めっき皮膜中のPb含有量を測定しております。


また、念のため、母材溶出の有無や、溶出による影響を必ず確認しております。

(母材溶出の影響がある場合は、分析が困難な場合がございます。

 サンプル仕様等でも分析可否が異なりますので、詳細はお問い合わせください)



めっきのRoHSでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

受託分析一覧に戻る
ページTOPへ