スマートフォン版を表示
清川メッキTOP > 受託分析 > 認定範囲試験「工場排水中の微量金属分析」

認定範囲試験「工場排水中の微量金属分析」

 その1 「工場排水中の微量金属分析」

工場排水中の以下の金属成分をJIS K 0102(工場排水試験方法)にて測定します。
微量な濃度まで測定可能です。 
 
測定対象元素   ・・・定量範囲
Cd(カドミウム) ・・・0.01 mg/L 以上
Cr(クロム) ・・・0.02 mg/L 以上
Cu(銅) ・・・0.02 mg/L 以上
Fe(鉄) ・・・0.02 mg/L 以上
Mn(マンガン) ・・・0.01 mg/L以上
Pb(鉛) ・・・0.1 mg/L以上
Zn(亜鉛) ・・・0.01 mg/L以上

【試験の流れ】
サンプル受取→保存処理→酸分解→ICP測定
※工場排水は、液の経時変化により採取から測定までの時間が結果に大きく影響しますので、適切な保存処理が求められます。また、液には懸濁物が含まれるため、強酸を添加し煮沸分解を行って溶存状態にしたものを測定する必要があります。微量成分のため、装置(ICP-OES)や器具類の管理も重要です。

受託分析一覧に戻る
ページTOPへ